Activities事業内容

革新的中分子創薬技術の開発/
中分子製造技術の開発

AMED委託事業
(平成30年度~実施中)

実施体制

研究開発代表者
産業技術総合研究所
細胞分子工学研究部門 研究グループ長 
新家 一男
研究開発分担者
  • 北里大学
    大村智記念研究所 特任教授 
    池田 治生
  • 理化学研究所
    環境資源科学研究センター ユニットリーダー 
    高橋 俊二
  • 東京大学
    大学院農学生命科学研究科 教授 
    葛山 智久
  • 沖縄科学技術大学院大学学園
    マリンゲノミックス・ユニット 教授 
    佐藤 矩行
  • 東北大学
    薬学研究科・分子薬科学専攻 教授 
    土井 隆行
  • 琉球大学
    熱帯生物圏研究センター 准教授 
    新里 尚也
  • 北海道大学
    大学院薬学研究院 教授 
    脇本 敏幸
  • 産総研
    細胞分子工学研究部門 上級主任研究員 
    広川 貴次
参画企業
エーザイ(株)、オーピーバイオファクトリー(株)、協和キリン(株)、クミアイ化学工業(株)、合同酒精(株)、塩野義製薬(株)、第一三共RDノバーレ(株)、大鵬薬品工業(株)、日本マイクロバイオファーマ(株)、Meiji Seika ファルマ(株)、産業技術総合研究所、バイオ産業情報化コンソーシアム(JBIC)、北里研究所

事業概要

本事業は、平成30年4月にAMEDから受託した「次世代治療・診断実現のための創薬基盤技術開発(革新的中分子創薬技術の開発)」のうち、「中分子製造技術の開発」である。本事業では、新たな創薬リソースとして期待されている中分子ライブラリー構築を目的に、これまで不可能であった中分子天然化合物の構造改変を行うことを可能にする革新的な技術開発を行う。これまで開発してきた最先端技術を、我が国の持つ世界に誇る天然物資源に応用し、中分子天然化合物の骨格を改変する技術開発を行っている

事業内容

1.天然化合物の母核改変技術の開発

従来の菌体内での相同組換え技術に変わる、BACクローンに対してin vitroで正確に狙った位置のゲノム編集を可能にする技術の開発に成功した。開発したin vitroモジュール編集技術を高度化することにより、相同性が極めて高く多数の繰り返し配列からなる中分子天然化合物の生合成遺伝子モジュールを精密に改変する技術の開発にも世界で初めて成功した (in vitroモジュール編集技術)。

2.微生物酵素を用いた中分子変換技術の開発

代謝物解析を目的としたチトクロームP450酵素を多数取得した 。また、P450活性発現最適化クローニングベクターを開発し、副産物の生産を消失させ、かつ最大活性を大幅に改善する酵素活性発現システムの開発に成功した。また、微生物内に多数存在する酵素候補から、目的酵素のみを効率よく同定することが可能な技術の開発に成功した。